強固な地盤の上に|都心からアクセスが良好な位置にある一戸建てを購入しよう

都心からアクセスが良好な位置にある一戸建てを購入しよう

ウーマン

強固な地盤の上に

相談

怖い不動沈下

軟弱な茅ヶ崎の土地に住宅を建ててしまうと、その重さに耐えかねて建物の一番重い部分から、沈むはじめてきます。建物が不均一、不揃いに沈み込んでいく現象を、不動沈下と呼んでいます。土地の沈下が均一に進めば壁は垂直を、天井や床は水兵を保つことができますが、土地が不動沈下する場合は、いろいろなところが不規則に沈み込んでいきますので建物が平行四辺形や台形に歪んでしまったり、一定の方向へ傾いてきてしまいます。通常の茅ヶ崎の土地でも、建物のゆがみは多少は発生してきますが、木材の伸縮、暴れなどは四季が一巡すれば、落ち着いてきます。長くわたる場合でも上棟した時から2〜3年で落ち着いてきます。年を追って建物のゆがみがひどくなるときは、不動沈下だと思って間違いはありません。

地盤調査をしましょう

不動沈下で恐ろしいのは、大地震の時に被害が大きくなってしまうことです。茅ヶ崎で大地震が起こってしまうと建物が大破、倒壊する恐れが出てきます。軟弱な土地によって被害が深刻化したケースも、いろいろと報告されています。同時に深刻になってくるのが、その建物の転売価値が下がってしまうことです。住み替えの時に売却をしようと思っても、買い手がつかないことになってしまいます。資産価値がゼロになったしまった、ローンの支払いを続けていかなくてはならないことになってしまいます。どんなに頑丈な基礎、屈強な建物を茅ヶ崎で設計しても土地が弱ければ、一生後悔することにもなりかねません。家を作るにあたってはまず、土地の地盤調査を行うことが重要になります。